夫婦の散歩道

津村節子 著

夕暮れの公園、書斎の窓、旅の空。喜びと悲しみのはざまに、夫の姿が蘇る-。吉村昭と歩んだ五十余年の歳月、思い出の旅路、懐かしき人々。作家として妻として、人生の哀歓をたおやかに描き出す感動のエッセイ集。吉村司「母のウィンク」、巻末に「自分らしく逝った夫・吉村昭」を収録。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 夫婦の歳月(二人の散歩道
  • しあわせ教 ほか)
  • 2 記憶の旅路(ひたむきな取材
  • 異国文化の味 ほか)
  • 3 思い出深き人々(大きな手-八木義徳
  • 十七音の風景-鈴木真砂女 ほか)
  • 4 愛すべき故郷(神と紙の祭を訪ねて
  • 福井県に代って ほか)
  • 5 家族とともに(戦艦ミズーリと、武蔵
  • 越後のたより ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 夫婦の散歩道
著作者等 津村 節子
書名ヨミ フウフ ノ サンポミチ
シリーズ名 河出文庫 つ3-2
出版元 河出書房新社
刊行年月 2015.11
ページ数 217p
大きさ 15cm
ISBN 978-4-309-41418-8
NCID BB20016467
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22648525
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想