前田和美 著

世界の全栽培作物のうちイネ科についで多いマメ科。ダイズやアズキ、エンドウなどマメ類が食文化に果たしてきた役割、豆撒きや「ジャックと豆の木」の意外な由来を紹介し、人との深い関わりを描く。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 「マメ」-野生から栽培へ
  • 第2章 近東-西南アジアにおけるマメの文化
  • 第3章 インドにおけるマメの文化
  • 第4章 アフリカにおけるマメの文化
  • 第5章 東アジアにおけるマメの文化
  • 第6章 東南アジアにおけるマメの文化
  • 第7章 新大陸におけるマメの文化
  • 第8章 精神生活のなかのマメ
  • 第9章 虚構の主役になったマメ-エンドウ
  • 第10章 マメをどのように食べてきたか

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名
著作者等 前田 和美
書名ヨミ マメ
書名別名 Mame
シリーズ名 ものと人間の文化史 174
出版元 法政大学出版局
刊行年月 2015.11
ページ数 16,356p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-588-21741-8
NCID BB20015475
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22756992
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想