国際経済法の発展におけるOECDの役割 : 日本国際経済法学会年報  第24号(2015年)

日本国際経済法学会【編】

[目次]

  • 共通論題(国際経済法の発展におけるOECDの役割(国際社会のルール・メーキングとOECD
  • 国際租税法におけるOECDの役割とその位置づけ
  • 外国公務員贈賄防止条約のフォローアップにおけるOECDの役割-日本の事例
  • 多角的貿易体制とOECD-OECDとガット・WTOの相互関係)
  • 地域経済統合と法の統一(ラテンアメリカ地域における経済統合と競争法の調和
  • アフリカにおける地域統合と法統一))
  • 自由論題(EPZs in a Multilevel International Economic Law:Achieving EPZ Compliance with Multilateral and Regional Trade Agreements and International Soft Law
  • 米国海外腐敗行為防止法(FCPA)の域外適用と各国の対応
  • WTO紛争解決手順におけるDSU25条仲裁の位置づけ)
  • 文献紹介

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 国際経済法の発展におけるOECDの役割 : 日本国際経済法学会年報
著作者等 日本国際経済法学会
書名ヨミ コクサイケイザイホウノハッテンニオケルオーイーシーディーノヤクワリ : ニホンコクサイケイザイホウガッカイネンポウ : 2015
巻冊次 第24号(2015年)
出版元 日本国際経済法学会;法律文化社
刊行年月 2015.11.20
ページ数 215p
大きさ 21cm(A5)
ISBN 978-4-589-03710-7
ISSN 13421301
NCID BB20014993
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想