神経とシナプスの科学

杉晴夫 著

電気信号はいかにして意識を生み出すのか。画像診断ではとらえられない微小な電位こそ、私たちの心と体の謎を解き明かす鍵となる!

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 電磁気現象と生体電気現象の同時発見
  • 第2章 生体電気信号研究の黎明期
  • 第3章 陰極線オシロスコープによる研究の進展-日本人研究者の偉大な貢献
  • 第4章 細胞膜を「流れないのに流れる」容量性電流の不思議
  • 第5章 活動電位の謎に迫る細胞内微小電極法
  • 第6章 マクスウェルの悪魔としてのイオンチャンネル-活動電位のイオン機構の解明
  • 第7章 活動電位の交通整理を行う「シナプス」
  • 第8章 シナプスにおける電気現象の解明
  • 第9章 シナプス研究の進展
  • 第10章 現在までの脳機能研究の成果とその限界

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 神経とシナプスの科学
著作者等 杉 晴夫
書名ヨミ シンケイ ト シナプス ノ カガク : ゲンダイ ノウケンキュウ ノ ゲンリュウ
書名別名 現代脳研究の源流
シリーズ名 ブルーバックス B-1943
出版元 講談社
刊行年月 2015.11
版表示 改訂版
ページ数 318p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-06-257943-8
NCID BB19999435
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22671312
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想