天下統一

黒嶋敏 著

二人の「天下人」によって引き継がれた史上最大のプロジェクト。気鋭の日本史家が新視点で描く。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 天下統一とは何か
  • 第1章 天下統一の裏側-内からの承認(天皇の名のもとに
  • 島津氏と伊達氏の服属
  • 豊臣政権の構造的問題
  • 天下人は境界を目指す)
  • 第2章 秀吉の中華-膨張する武威(アジアのなかの天下統一
  • 境界の先に向かう武威
  • 上下の関係
  • 出兵へ
  • 読み替えられる「日本国王」
  • 再出兵と秀吉の死)
  • 第3章 家康の中華-武威と現実(すでに幕は上がっていた
  • コップの中の関ヶ原
  • 海の支配者へ
  • 国王の出仕
  • 家康の妥協と挫折)
  • 終章 武威の落としどころ

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 天下統一
著作者等 黒嶋 敏
書名ヨミ テンカ トウイツ : ヒデヨシ カラ イエヤス エ
書名別名 秀吉から家康へ

Tenka toitsu
シリーズ名 講談社現代新書 2343
出版元 講談社
刊行年月 2015.11
ページ数 247p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-06-288343-6
NCID BB19994668
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22668583
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想