海外の安楽死・自殺幇助と法

甲斐克則 編訳

安楽死、医師による自殺幇助。大きく報道されるこの法的・倫理的問題は海外ではどのように扱われているのか。医事法の第一人者、甲斐克則教授編訳のもと、アメリカをはじめ、ドイツ、フランス、そして積極的に安楽死を認めるオランダ等、代表的な国々の法とその運用を、当該国の代表的な研究者が紹介・解説する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 英米法圏国家の状況(アメリカ合衆国における自殺幇助と法の支配
  • 英国における終末期の意思決定
  • 自殺幇助に関するインフォーマルな法の変容-検察官のための指針
  • 安楽死・自殺幇助と法-比較法的アプローチ)
  • 第2部 大陸法圏国家の状況(臨死介助の刑法上の問題性
  • ドイツにおける臨死介助および自殺幇助の権利
  • フランス法における安楽死)
  • 第3部 ベネルクス3国の状況(オランダとベルギーにおける安楽死と医師による自殺幇助
  • 安楽死-ヨーロッパおよびベルギーにおけるスタンスと実務
  • ルクセンブルクにおける臨死介助-新法の成立過程、解釈および実務)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 海外の安楽死・自殺幇助と法
著作者等 甲斐 克則
書名ヨミ カイガイ ノ アンラクシ ジサツ ホウジョ ト ホウ
書名別名 Euthanasia and Physician-assisted Suicide in Common Law,Civil Law and Benelux Countries
出版元 慶應義塾大学出版会
刊行年月 2015.11
ページ数 186p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-7664-2263-4
NCID BB19988472
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22661526
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

著作名 著作者名
アメリカ合衆国における自殺幇助と法の支配 カール・F・グッドマン, 甲斐 克則
オランダとベルギーにおける安楽死と医師による自殺幇助 アグネス・ヴァン・デル・ハイデ, 福山好典, 甲斐 克則
ドイツにおける臨死介助および自殺幇助の権利 ヘニング・ローゼナウ, 福山好典, 甲斐 克則
フランス法における安楽死 クリスティアン・ビック, 柿本佳美, 甲斐 克則
ルクセンブルクにおける臨死介助 シュテファン・ブラウム, 天田悠, 甲斐 克則
安楽死 リュック・デリエンス, 天田悠, 福山好典, 甲斐 克則
安楽死・自殺幇助と法 ジョージ・ムスラーキス, 甲斐 克則
臨死介助の刑法上の問題性 ハロー・オットー, 久藤克子, 甲斐 克則
自殺幇助に関するインフォーマルな法の変容 ペニー・ルイス, 天田悠, 福山好典, 甲斐 克則
英国における終末期の意思決定 シーラ・マクリーン, 新谷一朗, 甲斐 克則
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想