〈文化〉を捉え直す

渡辺靖 著

グローバル化のなか、人々や社会、国家や宗教などのアイデンティティの根幹に関わる文化的リテラシーを問われる場面が多くなっている。固有の文化とは何なのか?文化を政策に活用することの是非は?国内外の数多くの事例を紹介しつつ、観念論と政策論の双方の視点から、文化の新しい使い方、その危険性と可能性を考察する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 グローバリゼーションは「文化」を殺す?(スーパーモダン
  • ポストモダン ほか)
  • 第2章 台頭する「人間の安全保障」という視点(格差の再編成
  • 新自由主義の論理と力学 ほか)
  • 第3章 ソフトパワーをめぐる競合(ソフトパワーをめぐる狂想曲
  • パブリック・ディプロマシーの時代 ほか)
  • 第4章 新しい担い手たち(政策的価値は「不純」か?
  • ガバナンスの新たな潮流 ほか)
  • 第5章 理論と政策の狭間で(「離見の見」
  • 構築主義 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 〈文化〉を捉え直す
著作者等 渡辺 靖
書名ヨミ ブンカ オ トラエナオス : カルチュラル セキュリティ ノ ハッソウ
書名別名 カルチュラル・セキュリティの発想

Bunka o toraenaosu
シリーズ名 岩波新書 新赤版 1573
出版元 岩波書店
刊行年月 2015.11
ページ数 206p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-00-431573-5
NCID BB19985474
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22678229
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想