まぁ、空気でも吸って

海老原宏美, 海老原けえ子 著

医師に3歳までの命って言われたんだもん-寿命の13倍生きてわかること。脊髄性筋萎縮症2型という難病をもち、成長する障害と共に地域で当たり前に生きる。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 「自分」を生きる-障害と共に成長して(私の障害のこと
  • 母について-私の根源
  • 自立への三大革命
  • 自立の第一歩は「降りますボタン」から
  • 九死に一生!人工呼吸器導入
  • 快適な生活を支えるもの
  • 自立生活センター(CIL)について)
  • 第2部 泣いて、笑って、ありがとう(宏美と共に歩んだ二四年
  • 二四年の胸のうち)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 まぁ、空気でも吸って
著作者等 海老原 けえ子
海老原 宏美
書名ヨミ マァ クウキ デモ スッテ : ヒト ト シャカイ ジンコウ コキュウキ ノ カゼ ガ ツナグ モノ
書名別名 人と社会:人工呼吸器の風がつなぐもの

Ma kuki demo sutte
出版元 現代書館
刊行年月 2015.9
ページ数 237p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-7684-3543-4
NCID BB19963970
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22641072
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想