家族と家族福祉

二村克行 著

[目次]

  • 第1章 家族のない子どもにも家族的雰囲気は必要-アンとハイジの家族探しの旅
  • 第2章 家族福祉の捉え方-家族福祉の歴史と理論の発達
  • 第3章 「愛着」とは何か-母子の間に築かれる結びつきの源流を求めて
  • 第4章 家族とは何か 家族研究の源泉と家族の5つの顔-複雑で錯綜する家族の概念を整理して
  • 第5章 「親」とは何か-母性・父性について考える
  • 第6章 大人になるための家族力動的人格発達-子どもに自律性と相互性を培うには親子間に愛着と共感が必要
  • 第7章 制度としての家族の歴史的推移-親子法と婚姻法の変遷を概観する
  • 第8章 北欧諸国の3婚姻と同棲を分析して家族の在り方を考える

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 家族と家族福祉
著作者等 二村 克行
書名ヨミ カゾク ト カゾク フクシ : カゾク フクシ ニ キヨスル カゾク リロン オ メザシテ
書名別名 家族福祉に寄与する家族理論を目ざして
出版元 梓書院
刊行年月 2015.10
ページ数 231p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-87035-559-0
NCID BB19963336
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22650066
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想