お経のひみつ

島田裕巳 著

ブッダは実在しなかった。お墓がなく、葬式もやらないお寺がある。宮沢賢治は『法華経』を信仰していた。曹洞宗なのに『法華経』が読まれるのはなぜ?日本のお坊さんはすべて"ニセ坊主"だった。「如来」と「菩薩」の違いは?性的欲望を肯定するお経がある。葬式は曹洞宗からはじまった。なんともふしぎで、じわじわおもしろい、お経の世界へようこそ。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第一のひみつ お経とは何なのか
  • 第二のひみつ 『般若心経』から仏教の歴史が見えてくる
  • 第三のひみつ 「諸経の王」としての『法華経』
  • 第四のひみつ 観音信仰を支える『観音経』
  • 第五のひみつ 「浄土三部経」と念仏信仰
  • 第六のひみつ 『理趣経』に説かれた密教の世界
  • 第七のひみつ お葬式ではどんなお経が読まれるのか

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 お経のひみつ
著作者等 島田 裕巳
書名ヨミ オキョウ ノ ヒミツ
書名別名 Okyo no himitsu
シリーズ名 光文社新書 785
出版元 光文社
刊行年月 2015.11
ページ数 226p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-334-03888-5
NCID BB1996280X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22655170
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想