ユダとは誰か

荒井献 [著]

キリスト教世界で「裏切り者」「密告者」の汚名を一身に受けてきたユダ。イエスへの裏切りという「負の遺産」はどう読み解くべきなのか。原始キリスト教におけるユダ像の変容を正典四福音書と『ユダの福音書』に追い、初期カトリシズムとの関係から正統的教会にとってのユダと「歴史のユダ」に迫る。イエスの十字架によっても救われない者とは誰か。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 原始キリスト教とユダ(イスカリオテのユダ-名称の由来とその意味
  • イエスとの再会-マルコ福音書のユダ
  • 銀貨三十枚の値打ち-マタイ福音書のユダ
  • 裏切りと神の計画-ルカ文書のユダ
  • 盗人にして悪魔-ヨハネ福音書のユダ)
  • 2 使徒教父文書・新約聖書外典と『ユダの福音書』のユダ(正統と異端の境-使徒教父文書と新約聖書外典のユダ
  • 十三番目のダイモーン-『ユダの福音書』読解)
  • 3 ユダとは誰か(歴史の中のユダ)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ユダとは誰か
著作者等 荒井 献
書名ヨミ ユダ トワ ダレカ : ゲンシ キリストキョウ ト ユダ ノ フクインショ ノ ナカ ノ ユダ
書名別名 原始キリスト教と『ユダの福音書』の中のユダ
シリーズ名 講談社学術文庫 2329
出版元 講談社
刊行年月 2015.11
ページ数 283p
大きさ 15cm
ISBN 978-4-06-292329-3
NCID BB19952089
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22658157
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想