甲斐源氏

山梨県立博物館 監修 ; 西川広平 編

武田家をはじめとし、小笠原・南部・三好など日本全国に繁延した名門一族の実態を、ネットワークと由緒というキーワードから捉えなおす。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 甲斐源氏研究の現在
  • 第1部 甲斐源氏のネットワーク(義光流源氏の成立
  • 治承・寿永の内乱と甲斐源氏
  • 甲斐源氏の軍事行動と交通路
  • 造仏活動と信仰に見る甲斐源氏のネットワーク-武田氏所縁、三組の阿弥陀三尊像をとおして
  • 鎌倉時代における安達氏と小笠原氏の連携-女性と寺社の視点から)
  • 第2部 甲斐源氏の由緒(信濃小笠原氏の故実と由緒の創出
  • 三好氏と四国に伝わる甲斐源氏の由緒-阿波・土佐に伝わる伝承を中心に
  • 安芸・若狭・甲斐武田氏の由緒形成
  • 再生された甲斐源氏・武田氏の由緒)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 甲斐源氏
著作者等 山梨県立博物館
西川 広平
書名ヨミ カイ ゲンジ : ブシダン ノ ネットワーク ト ユイショ
書名別名 武士団のネットワークと由緒
シリーズ名 戎光祥中世史論集 第2巻
出版元 戎光祥
刊行年月 2015.10
ページ数 254p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-86403-176-9
NCID BB19950210
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22652585
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想