医療政策を問いなおす

島崎謙治 著

地域医療構想の策定や在宅医療・地域包括ケアの推進など医療制度改革が矢継ぎ早に進められている。そして2018年には、次期医療計画や医療費適正化計画の策定、改正国民健康保険法の施行、診療報酬と介護報酬の同時改定など、一連の改革が結節する。そうしたなかで、国民皆保険を堅持するために、今、我々は何をなすべきなのか。医療政策の理論と実務に通暁した著者は、国民皆保険の構造の考察や人口構造の変容の分析を行い、わが国の医療政策のあるべき方向性と道筋を明快に展望する。医療問題に関心をもつ人すべてにとって必読の1冊。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 問題の所在
  • 第1章 日本の国民皆保険の構造と意義
  • 第2章 歴史から得られる教訓と示唆
  • 第3章 近未来の人口構造の変容
  • 第4章 人口構造の変容が医療制度に及ぼす影響
  • 第5章 医療政策の理念・課題・手法
  • 第6章 医療提供体制をめぐる課題と展望
  • 第7章 医療保険制度をめぐる政策選択
  • 終章 結論と課題

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 医療政策を問いなおす
著作者等 島崎 謙治
書名ヨミ イリョウ セイサク オ トイナオス : コクミン カイホケン ノ ショウライ
書名別名 国民皆保険の将来

Iryo seisaku o toinaosu
シリーズ名 ちくま新書 1155
出版元 筑摩書房
刊行年月 2015.11
ページ数 263,4p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-480-06863-7
NCID BB19942256
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22697027
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想