現代の形態論と音声学・音韻論の視点と論点

西原哲雄, 田中真一 編

本書は、形態論、音声学・音韻論、両者のインターフェイスの3部門から構成され、英語や日本語等の現象に対して、さまざまな観点から考察された論文集である。執筆者各自の専門分野に対する丁寧な解説が示された後に、関連する言語現象の分析が提示され、それらの理論的意味が解説されている。言語学、英語学、日本語学(国語学)を専攻する研究者、院生、大学生等、幅広い読者を想定した、最新の論考が掲載されている。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 形態論(英語の関係形容詞-前置詞句の交替形としての分析
  • 英語の「名詞+名詞」形は句か語か
  • Postsyntactic Compoundの分析-構文拡張的見方
  • 接頭辞「大」について
  • 日本語の句連合
  • 初期近代英語における名詞転換動詞
  • 単語と接辞の境界)
  • 第2部 音声学・音韻論(クレオール語化に基づく中英語のリズム構造と音節構造
  • 連声は現代日本語に生きているか
  • 日本人の名前と性別-「セイヤ」の男性性と「シホ」「ユーリ」「キヨ」の女性性
  • 「語呂の良さ」と「間」の関係について-俳句に関する一考察
  • リズム定型における韻律要素の調整-日本語・イタリア語の定型詩と歌謡の分析
  • 連濁は音韻理論の問題か
  • 鳥取県倉吉方言における芸能人の名前等のアクセント-メディア経由の標準語アクセントの方言化)
  • 第3部 音韻論・形態論などのインターフェイス(複合語の生産性と語強勢の位置
  • 語彙音韻論の限界と最適性理論によるアプローチ
  • 単純語短縮語形成に関する第3の解釈)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 現代の形態論と音声学・音韻論の視点と論点
著作者等 田中 真一
西原 哲雄
書名ヨミ ゲンダイ ノ ケイタイロン ト オンセイガク オンインロン ノ シテン ト ロンテン
書名別名 Gendai no keitairon to onseigaku on'inron no shiten to ronten
シリーズ名 開拓社叢書 25
出版元 開拓社
刊行年月 2015.11
ページ数 316p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-7589-1820-6
NCID BB19926839
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22669792
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想