論理的な考え方伝え方

狩野光伸 著

グローバルに通じる考え方とは?科学や学問の考え方とは?反知性主義ってどうしたら回避できる?こんな疑問にあたった方、本書を読んでみてください。意見の遺いを受け止めて、新しい考えを広めるときに、感情や抑制でなく、理解と納得で進める「議論argument」の方法を、説明しています。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 正しい議論とは何か
  • 1部 正しくない議論とは(正しくない議論の7つの例)
  • 2部 正しい議論の構成要素(前提根拠と主張を明確にする
  • 前提根拠に用いる情報は確かか
  • 語の定義は一貫しているか)
  • 3部 正しい議論の流れ(「原因と結果」を考える
  • 一般化と統計の見方
  • たとえ(比喩)を正しく使う
  • その他の論理学用語とその考え方)
  • 4部 議論を表現する(議論の思考が必要な文章の型
  • 本質と装飾を区別する
  • 謙虚に受け手の反応を活かす
  • 学術論文を書く)
  • 5部 主張内容を考え出す(新しい考えを思いつく)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 論理的な考え方伝え方
著作者等 狩野 光伸
書名ヨミ ロンリテキ ナ カンガエカタ ツタエカタ : コンキョ ニ モトズク タダシイ ギロン ノ タメ ニ
書名別名 根拠に基づく正しい議論のために
出版元 慶應義塾大学出版会
刊行年月 2015.10
ページ数 164p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-7664-2267-2
NCID BB19910704
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22655777
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想