渋谷教育学園はなぜ共学トップになれたのか

田村哲夫 著

新設校から千葉県の頂点に立った「渋幕」。女子校を共学化する学校改革に成功した「渋渋」。東大合格者数を急増させた両校の独自メソッドを明かす。また海外大学進学にいち早く対応したグローバル展開や、自由な校風の下で個性を開花させる在校生・卒業生たちの素顔を紹介する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1章 「渋幕・渋渋の奇跡」-なぜ急成長を遂げたのか?
  • 2章 「自調自考」が子どもを伸ばす-建学精神をめぐって
  • 3章 渋幕ライフ、渋渋ライフ
  • 4章 私はなぜ教育者になったのか-生い立ちを振り返る
  • 5章 グローバル社会を生き抜く力とは?
  • 6章 次世代のための道徳教育
  • 7章 これからの教師像
  • 8章 お父様方へのメッセージ

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 渋谷教育学園はなぜ共学トップになれたのか
著作者等 田村 哲夫
書名ヨミ シブヤ キョウイク ガクエン ワ ナゼ キョウガク トップ ニ ナレタ ノカ : オシエテ コウチョウ センセイ
書名別名 教えて!校長先生

Shibuya kyoiku gakuen wa naze kyogaku toppu ni nareta noka
シリーズ名 中公新書ラクレ 543
出版元 中央公論新社
刊行年月 2015.11
ページ数 261p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-12-150543-9
NCID BB19905872
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22664562
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想