満洲国留日学生の日中関係史

浜口裕子 著

戦後、日中の民間外交を担い、国交正常化の道筋に大きく貢献した満洲国留日学生たち。彼らの足跡を辿り、日中関係史の新たな相貌を浮き彫りにする。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 中国東北の教育事業と日本留学制度
  • 満洲事変・満洲国建国と対日留学政策
  • 満洲国の対日留学政策の整備
  • 北満の地へ-日中戦争下の満洲国
  • 太平洋戦争下の留学生
  • 終戦-満洲国の消滅と留日学生
  • 終戦直後の混乱のなかで
  • 新中国成立と帰国活動
  • 揺れる日中関係の狭間で
  • 文化大革命の嵐のなかで
  • 日中国交正常化と文化大革命の終焉
  • 満洲国留学生から戦後民間外交の担い手に

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 満洲国留日学生の日中関係史
著作者等 浜口 裕子
書名ヨミ マンシュウコク リュウニチ ガクセイ ノ ニッチュウ カンケイシ : マンシュウ ジヘン ニッチュウ センソウ カラ センゴ ミンカン ガイコウ エ
書名別名 満洲事変・日中戦争から戦後民間外交へ
出版元 勁草書房
刊行年月 2015.10
ページ数 256,10p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-326-30243-7
NCID BB19899394
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22655848
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想