音とことばのふしぎな世界

川原繁人 著

「あ」と「い」はどっちが大きい?あるいは、「コジラ」と「コシラ」では?こんな質問をされたら、あなたはどう答えますか。文字そのものには大小がないはずなのに、音で聴くと母語が何であるかにかかわらず大小を判断するそうです。また、五十音図とサンスクリット語との関係、存在しない音を聴いてしまう脳など、楽しい話題を紹介します。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 「マル」と「ミル」はどちらが大きい?-音象徴
  • 第2章 「あかさたな」とサンスクリット研究-音声学のはじまり
  • 第3章 世界中のことばを記録する方法-記述音声学
  • 第4章 音を目で見る-調音音声学
  • 第5章 声紋分析官への道-音響音声学
  • 第6章 ないはずの音が聞こえる日本人-知覚音声学
  • 第7章 社会との接点を目指して-福祉音声学

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 音とことばのふしぎな世界
著作者等 川原 繁人
書名ヨミ オト ト コトバ ノ フシギ ナ セカイ : メイドゴエ カラ エイゴ ノ タツジン マデ
書名別名 メイド声から英語の達人まで
シリーズ名 岩波科学ライブラリー 244
出版元 岩波書店
刊行年月 2015.11
ページ数 115p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-00-029644-1
NCID BB19897504
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22677948
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想