フロンティア実験社会科学  4

西條辰義 監修

社会関係資本(ソーシャル・キャピタル)は、社会的ネットワークとそこから生じる互酬性・信頼性の規範であり、協調行動を促し、社会全体の効率性を改善する。本書は、どのような制度や組織(特に、企業)が社会関係資本として機能しうるのか、どのように社会的ジレンマや諸問題を解決し、全体の効率性を高めるのか、そしてその効率性をどのように測定するのか、などの経済学と経営学の学際領域に位置づけられる問いを分析する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 行動契約理論-「エキゾチックな選好」を持つエージェントとプリンシパルの理論
  • 第2章 企業の分配問題に最後通牒ゲームを用いた分析
  • 第3章 企業のリスク行動と予測能力による財務成果への影響
  • 第4章 インターネット上での共創効果の計測とモデル化
  • 第5章 社会関係資本としての分業-現実の労力を投入する公共財供給と囚人のジレンマ実験による検討
  • 第6章 出身地の違いが市場取引に与える影響-中国における相対交渉実験による検証
  • 第7章 信頼生成の社会的基盤と生理的基盤
  • 第8章 好意には好意で、悪意には悪意で-応報的行動の研究

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 フロンティア実験社会科学
著作者等 磯辺 剛彦
清水 和巳
西條 辰義
書名ヨミ フロンティア ジッケン シャカイ カガク
書名別名 社会関係資本の機能と創出 : 効率的な組織と社会
巻冊次 4
出版元 勁草書房
刊行年月 2015.10
ページ数 188p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-326-34914-2
NCID BB19890979
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22659963
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想