人文・社会科学のための研究倫理ガイドブック

眞嶋俊造, 奥田太郎, 河野哲也 編著

研究倫理の遵守が求められるのは、本来、研究と研究に関わる活動を円滑に進めるためであって、不正行為を防止することだけを目的として研究者の手足を縛るためではありません。研究倫理についてよく知り、よく実践できる研究者は、自分の研究に誠実な、できる研究者と言えるでしょう。本書は、学生や研究者の皆さんが研究の過程で遭遇する研究倫理を問われる多様な場面を想定し、何が問題になるかを知り、それについてどう考えるか自問し、実践につなげていくための、また、「健全な」研究倫理教育・啓発制度を考えるための、ヒントと提案がつまったガイドブックです。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 今、なぜ研究倫理なのか
  • 第1章 研究方法に関する倫理問題
  • 第2章 研究計画・遂行・成果発表に関する倫理問題
  • 第3章 研究における不正行為
  • 第4章 指導教員・研究機関の責任
  • 第5章 研究者の社会的責任
  • 第6章 行政・社会のあり方と研究者の倫理

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 人文・社会科学のための研究倫理ガイドブック
著作者等 奥田 太郎
河野 哲也
眞嶋 俊造
書名ヨミ ジンブン シャカイ カガク ノ タメ ノ ケンキュウ リンリ ガイドブック
書名別名 Jinbun shakai kagaku no tame no kenkyu rinri gaidobukku
出版元 慶應義塾大学出版会
刊行年月 2015.10
ページ数 257p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-7664-2255-9
NCID BB19882562
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22656196
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想