物理学者池内了×宗教学者島薗進科学・技術の危機再生のための対話

池内了, 島薗進 著

原発事故と事故対応の不備、STAP細胞の論文撤回、製薬会社と科学者の癒着、論文の捏造や剽窃など、科学・技術への信頼喪失は、増幅の一途をたどる。一方、軍事利用を目的とした研究体制が推進・強化され、科学は学術としての存在理由を問われている。現代科学が内包する各種の問題点を摘出し、科学・技術の再生の道筋を縦横無尽に語り尽くす。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 科学の信頼喪失
  • 第2章 技術主義化する科学
  • 第3章 科学の暴走を止められるか?
  • 第4章 科学の二面性をめぐって
  • 第5章 科学者の社会的責任
  • 第6章 科学の信頼回復に向けて

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 物理学者池内了×宗教学者島薗進科学・技術の危機再生のための対話
著作者等 島薗 進
池内 了
書名ヨミ ブツリ ガクシャ イケウチ サトル シュウキョウ ガクシャ シマゾノ ススム カガク ギジュツ ノ キキ サイセイ ノ タメ ノ タイワ
書名別名 Butsuri gakusha ikeuchi satoru shukyo gakusha shimazono susumu kagaku gijutsu no kiki saisei no tame no taiwa
出版元 合同
刊行年月 2015.10
ページ数 295p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-7726-1249-4
NCID BB19865905
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22651748
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想