正倉院の香薬

米田該典 著

本書は、平成六年(一九九四)から開始した第二次正倉院薬物調査に参加し、宝庫に伝存する香薬の材質調査の成果を中心に、長年考究して来た香薬についても加味して、著者により全編書き改めたもので、先駆的な研究成果の集大成である。理系・文系を問わず、有機物の「文化財」保存とは何かを問う。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 香薬とその調査
  • 第2章 香と香材の調査
  • 第3章 薬物の調査
  • 附章 ある蘭方医の薬箱に見る保存例
  • 第4章 宝物を彩るもの-織布・紙に見る
  • 第5章 香薬の材質調査から保存へ

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 正倉院の香薬
著作者等 米田 該典
書名ヨミ ショウソウイン ノ コウヤク : ザイシツ チョウサ カラ ホゾン エ
書名別名 材質調査から保存へ

Shosoin no koyaku
出版元 思文閣
刊行年月 2015.10
ページ数 423,5p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-7842-1821-9
NCID BB19861937
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22670297
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想