ドゥルーズ

[目次]

  • 対談
  • 文学者が読むドゥルーズ
  • 展望
  • 生成
  • 内在
  • 動物
  • 闘争
  • 主要著作ガイド

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ドゥルーズ
著作者等 河出書房新社
書名ヨミ ドゥルーズ : ボツゴ ニジュウネン アラタ ナル テンカイ
書名別名 没後20年新たなる転回

Duruzu
出版元 河出書房新社
刊行年月 2015.10
ページ数 269p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-309-24735-9
NCID BB19851773
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22656075
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

著作名 著作者名
1960年という瞬時におけるドゥルーズ ジャン=クリストフ・ゴダール, 小林卓也
すべての隙間にあり、隙間そのものであり、境界をも晦ます、千の内在 笙野頼子
カントとマゾッホ フランソワ・ズーラビシヴィリ, 小谷弥生
ドゥルーズに影響をあたえた哲学者たち 近藤和敬
ドゥルーズの唯物論、あるいは「外部による思惟」 影本剛, 李珍景
ドゥルーズを忘れることは可能か 千葉雅也, 小泉義之
ドゥルーズ哲学へのモッラー・サドラーの潜在的な貢献 ローラ=U・マークス, 森元斎
ドゥルーズ歿後二〇年の〈世界的現在〉 檜垣立哉
リゾームと線 アンヌ・ソヴァニャルグ, 小倉拓也, 福尾匠
主体化、非主体化 ペテル=パル・ペルバルト, 五井健太郎
動物は人間のように愚かであることができるか パトリック・ロレッド, 小川歩人, 西山雄二
参照点のない読書 荻世いをら
悲劇的なこの世界では哲学が直ちに政治になる。 廣瀬純
概念の力と「地理哲学」 宇野邦一, 鵜飼哲
絶対的脱領土化の思考 堀千晶, 江川隆男
非人間的転回 ブライアン・マッスミ, 黒木秀房
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想