世界はこのままイスラーム化するのか

島田裕巳, 中田考 著

近代以降、世界は先進国のキリスト教文化圏の価値観で回ってきた。それが今、資本主義システムへの不信感と共に、根底から揺らいでいる。実際、ヨーロッパではクリスチャンの教会離れが深刻化し、キリスト教は衰退の兆しを見せている。そこに、ムスリムの人口増加、移民・難民流出問題が加わり、イスラームは相対的にその存在感を増している。テロや紛争、移民の労働問題に苦悩しつつも、先進国がイスラームに魅せられる理由は何か。比較宗教学の島田裕巳が、世界屈指のイスラーム学者かつムスリムの中田考と激論。日本人だけが知らないイスラームの真実と未来とは。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 イスラーム化する世界のなかで(ニュースを消費しては忘れ…を繰り返してきた日本
  • ムスリムでもあり研究者でもある中田氏)
  • 第1章 イスラームの基本(イスラーム教とユダヤ教、キリスト教の関係
  • 預言者ムハンマド ほか)
  • 第2章 イスラームは危険な宗教なのか(イスラーム法はゆるい?
  • 時代に制約されない「法」 ほか)
  • 第3章 なぜカリフ制が重要なのか(カリフ制不在の九〇年
  • 「アラブの春」の功罪 ほか)
  • 第4章 イスラームは気前がいい(ケチはイスラームの恥
  • アッラーは商売の言葉で啓示を与えた ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 世界はこのままイスラーム化するのか
著作者等 中田 考
島田 裕巳
書名ヨミ セカイ ワ コノママ イスラームカ スル ノカ
シリーズ名 幻冬舎新書 し-5-9
出版元 幻冬舎
刊行年月 2015.10
ページ数 207p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-344-98396-0
NCID BB19846310
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22654693
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想