考えるヒト

養老孟司 著

21世紀はしばしば「脳の世紀」と呼ばれる。実際、急速に進展した脳科学が、ヒトの認識と行動を脳の観点から次々に解明している。しかしそれによって私たちは、ヒトとは何か、それがわかるのだろうか。脳と心、意識の関係を探り、無意識に目を向ける。「意識の科学」が緒に就いた90年代、若い読者に向けて書かれた「自分の頭で考える」ための入門書、待望の文庫化。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 脳は何をしているのか
  • 第2章 脳と心の関係
  • 第3章 脳と遺伝子
  • 第4章 知覚と運動
  • 第5章 脳の中の現実
  • 第6章 意識と行動
  • 第7章 意識とことば
  • 第8章 意識の見方
  • 終章 意識と無意識

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 考えるヒト
著作者等 養老 孟司
書名ヨミ カンガエル ヒト
書名別名 Kangaeru hito
シリーズ名 ちくま文庫 よ6-8
出版元 筑摩書房
刊行年月 2015.10
ページ数 222p
大きさ 15cm
ISBN 978-4-480-43300-8
NCID BB19820565
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22648415
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想