書籍文化とその基底

若尾政希 編

字を読み、字を書き、本にして読み手に届ける。筆と紙、教育と教材、印刷・製本の技術、流通経路が必要となる。その文化が、読書による人間形成を、文書による交渉術の発展を、歴史意識を、政治意識を、世界の再編を促す。近世から近代へ、読書環境の諸相。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 総論 書籍文化とその基底
  • 1 本の文化と文字環境
  • 2 近世日本の読書環境・流通環境
  • 3 近世における民衆の手習いと読書-子どもの「器量」形成を中心として
  • 4 往来物と書式文例集-「文書社会」のためのツール
  • 5 実録のながれ-「越後騒動」と歴史・記憶・メディア
  • 6 歴史叙述と読書
  • 7 読書と民俗
  • 8 近世後期の教育環境としての漢学塾-咸宜園とその系譜塾
  • 9 近代における書物の流通環境・読書環境の変容-書物の流れとその制約

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 書籍文化とその基底
著作者等 若尾 政希
書名ヨミ ショセキ ブンカ ト ソノ キテイ
シリーズ名 シリーズ〈本の文化史〉 3
出版元 平凡社
刊行年月 2015.10
ページ数 356p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-582-40293-3
NCID BB19808490
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22758344
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想