優しいサヨクの復活

島田雅彦 著

安保法制をめぐって近年にない政治運動が巻き起こった日本。なかでも学生たちによるデモ活動は社会に大きなインパクトを与えた。彼らの素直な感性が国を変えていく力になる、とかつて『優しいサヨクのための嬉遊曲』でデビューした現代を代表する作家は指摘する。国家が暴走を始めたとき、一見時代遅れにも思えるサヨクが真の価値を発揮する。戦後日本における右・左の対立軸、日本国憲法の本質、隣国との付き合い方から転換期を迎える資本主義社会のサバイバル術までを、本書は豊かな想像力で描いていく。政治家にも評論家にも語りえない、作家ならではの現代日本論。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 戦後七十年とサヨクの価値
  • 第2章 憲法に背くメリットなど何もない
  • 第3章 アメリカは信用できる相手か?
  • 第4章 隣人との付き合い方
  • 第5章 資本主義の彼岸へ
  • 第6章 若者はいつだって困難な時代を生きる

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 優しいサヨクの復活
著作者等 島田 雅彦
書名ヨミ ヤサシイ サヨク ノ フッカツ
シリーズ名 PHP新書 1014
出版元 PHP研究所
刊行年月 2015.10
ページ数 179p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-569-82729-2
NCID BB19788644
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22654684
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想