危機の世紀とユング心理学

目幸黙僊 著 ; 森文彦, 黒木賢一, 井本惠章, 小田純也 編

日本人にとっての個性化とは何か、現代の危機をいかに超えるか。河合隼雄とほぼ同時期にチューリッヒのユング研究所でユング派分析家の資格を取得、米国を拠点に、仏教をはじめとする東洋的伝統の立場から現代文明の様々な課題に対峙してきた宗教学者・心理臨床家の思索と探究の軌跡。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 ユング心理学入門
  • 2 ユングと仏教
  • 3 法然・親鸞とユング
  • 4 自我・わたし・そして「自分」ということ
  • 5 二十一世紀の危機
  • 6 いのちセラピー

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 危機の世紀とユング心理学
著作者等 井本 惠章
森 文彦
目幸 黙僊
黒木 賢一
小田 純也
書名ヨミ キキ ノ セイキ ト ユング シンリガク : ミユキ モクセン ロンコウシュウ
書名別名 目幸黙僊論考集

Kiki no seiki to yungu shinrigaku
シリーズ名 アカデミア叢書
出版元 創元社
刊行年月 2015.9
ページ数 381p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-422-11595-5
NCID BB19786285
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22644299
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想