東北史を開く

東北史学会, 福島大学史学会, 史学会 編

[目次]

  • 第1部 災害と地域(災害が映す歴史-二〇一一年東日本大震災デジタルアーカイブにみる東北史
  • 近世の東北に成立した海岸防災林)
  • 第2部 中心と周縁(蝦夷を問う者は誰か-蝦夷論の構造をめぐる問題
  • 京にのぼる鮭-仙台藩重臣と公家との産物贈答について
  • 近代東北の「開発」と福島原発事故
  • ローマ帝国の北アフリカにみる「中心」と「周縁」
  • 中国史における中央と辺境-唐代の内陸境界地帯を例に
  • 言語摂食と文化移転-西欧前近代の事例から)
  • 第3部 地域の枠組みを問う(戦国期南奥の政治秩序
  • 「県域」の形成過程-東蒲原郡の移管問題
  • 東北地方と新潟県-昭和戦前期における地域振興と地域区分
  • イングランドの「東北」史)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 東北史を開く
著作者等 史学会
東北史学会
福島大学史学会
書名ヨミ トウホクシ オ ヒラク
シリーズ名 史学会125周年リレーシンポジウム2014 2
出版元 山川出版社
刊行年月 2015.9
ページ数 240p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-634-60022-5
NCID BB19784144
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22641903
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想