反骨の知将

鈴木伸元 著

陸軍内で封じられた警告。精神力重視の自軍に疑義を呈した知られざる軍人の生涯。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 "反骨の知将"の誕生
  • 第2章 実戦経験がもたらしたもの
  • 第3章 日本は「近代戦」に勝てない
  • 第4章 封印された警告
  • 第5章 飢餓の島へ-歴史の皮肉
  • 第6章 終戦-物言わぬ軍人
  • 終章 多くを語らなかった戦後

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 反骨の知将
著作者等 鈴木 伸元
書名ヨミ ハンコツ ノ チショウ : テイコク リクグン ショウショウ コヌマ ハルオ
書名別名 帝国陸軍少将・小沼治夫
シリーズ名 平凡社新書 790
出版元 平凡社
刊行年月 2015.10
ページ数 253p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-582-85790-0
NCID BB19782681
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22756334
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想