内乱記

カエサル [著] ; 高橋宏幸 訳

ローマを揺るがせた「カエサルvsポンペイウス」の内乱を、歴史の当事者であるカエサルがみずから描いた不朽の古典。前四九年の戦争勃発から、地中海世界各地での一進一退の攻防、前四八年のエジプトでのポンペイウスの死までを描く。最新の成果に基づき、訳注・解説・索引などを充実させた新訳。「カエサル戦記集」第二弾。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1巻(内乱勃発
  • コルフィーニウムの攻防
  • ポンペイウス、イタリアを去る ほか)
  • 第2巻(マッシリア攻囲
  • ヒスパーニア、ウァッローの降伏
  • マッシリア降伏 ほか)
  • 第3巻(カエサル、執政官選挙を実施して当選、経済・行政施策を実施
  • カエサル、ブルンディシウムへ出発
  • ポンペイウスの戦争準備 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 内乱記
著作者等 Caesar, Gaius Julius
Caesar, Julius
高橋 宏幸
カエサル ガーイウス・ユーリウス
書名ヨミ ナイランキ : カエサル センキシュウ
書名別名 Commentarii de bello civili

Julius Caesar The Civil War Books.1

Julius Caesar The Civil War Books.2

Commentarii de bello civili : カエサル戦記集

Nairanki
出版元 岩波書店
刊行年月 2015.10
ページ数 272,31p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-00-024173-1
NCID BB19782182
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22659235
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 ラテン語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想