異文化間教育とは何か

西山教行, 細川英雄, 大木充 編

「共に生きる」社会の構築に必要な異文化間(インターカルチャー)能力とは。日本、フランス、イギリス、カナダの研究者たちによる熱き異文化間教育論。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 ことば・文化・アイデンティティ(今、なぜ「ことば・文化・アイデンティティ」か
  • 異文化間教育とは何か
  • 「共に生きる」社会形成とその教育-欧州評議会の活動を例として
  • ことば・文化・アイデンティティをつなぐ言語教育実践)
  • 第2部 言語教育から異文化間へ(異文化間教育はどのように生まれたか
  • 複数文化と異文化間能力
  • 複言語能力の養成-大学の国際化の挑戦と課題
  • 間を見つける力-外国語教育と異文化間能力)
  • 第3部 異文化間と人材育成(異文化間教育と市民性教育・グローバル教育
  • 異文化間市民教育-外国語教育の役割
  • グローバル教育の立場から見た異文化間と人材育成
  • 継承語・継承文化学習支援と異文化間教育の実践)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 異文化間教育とは何か
著作者等 大木 充
細川 英雄
西山 教行
書名ヨミ イブンカカン キョウイク トワ ナニカ : グローバル ジンザイ イクセイ ノ タメ ニ
書名別名 グローバル人材育成のために

Ibunkakan kyoiku towa nanika
シリーズ名 リテラシーズ叢書 4
出版元 くろしお
刊行年月 2015.10
ページ数 237p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-87424-673-3
NCID BB19770285
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22654246
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想