実証分析のための計量経済学

山本勲 著

知りたいことがわかるから実証分析は楽しい。最小二乗法、最尤法、プロビットモデル、順序ロジットモデル、多項ロジットモデル、トービットモデル、ヘーキットモデル、操作変数モデル、パネル分析、DD分析、サバイバル分析、同時決定・内生性バイアスとその対処方法などをわかりやすく実践的に解説。分析例を多数収録!

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 計量経済学の基本事項と推定結果の実践的な理解(計量経済学とは何か-計量経済学の有用性と分析の流れ
  • 計量経済分析のエッセンス1-理論と実証、データの種類、推定結果の見方
  • 計量経済分析のエッセンス2-さまざまな形の回帰分析と活用方法
  • 計量経済学を用いた実証分析の具体例-さまざまな推定結果の見方とその実践1)
  • 第2部 最小二乗法から最尤法・非線形モデルへの発展(最小二乗法の仕組みと適用条件-最小二乗法とBLUE
  • 加重最小二乗法と一般化最小二乗法-不均一分散や共分散への対処方法
  • プロビットモデルと最尤法-線形確率モデルの問題点と対処方法
  • 順序ロジットモデルと多項ロジットモデル-離散選択モデルの応用
  • トービットモデルとヘーキットモデル-質的変数モデルの応用
  • 非線形モデルの実証分析の具体例-さまざまな推定結果の見方とその実践2)
  • 第3部 因果関係の特定とミクロ計量経済分析の応用(操作変数を用いた因果関係の特定-同時決定・内生性バイアスとその対処方法
  • パネルデータ分析と固定効果モデル-固有効果の存在とバイアスの対処方法
  • 効果・影響の測定-データを用いた政策・プログラム評価の方法
  • サバイバル分析-生存時間の要因特定
  • パネルデータを活用した実証分析の具体例-さまざまな推定結果の見方とその実践3)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 実証分析のための計量経済学
著作者等 山本 勲
書名ヨミ ジッショウ ブンセキ ノ タメ ノ ケイリョウ ケイザイガク : タダシイ シュホウ ト ケッカ ノ ヨミカタ
書名別名 econometrics for empirical analysis

econometrics for empirical analysis : 正しい手法と結果の読み方
出版元 中央経済社
刊行年月 2015.11
ページ数 245p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-502-16811-6
NCID BB19765037
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22654075
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想