ガリレオ裁判

田中一郎 著

地動説を唱え、宗教裁判で有罪を宣告されたガリレオ。彼は本当に、科学者として宗教と闘った英雄だったのか。二一世紀に入り、ヴァチカンの秘密文書庫から新たな裁判記録が明るみに出された。近代へと世界観が大きく変貌していく中で、裁判の曲折した進行の真実が浮かび上がる。ガリレオ裁判の見方を根底から変える決定版。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 ガリレオを愛したナポレオン
  • 第2章 宗教裁判
  • 第3章 天文観測による発見-興奮と忍び寄る危機
  • 第4章 序幕-一六一六年の宗教裁判
  • 第5章 『天文対話』
  • 第6章 裁判の開始
  • 第7章 第一回審問-一六三三年四月一二日
  • 第8章 第二回審問-四月三〇日
  • 第9章 第三回審問-五月一〇日
  • 第10章 判決
  • 第11章 「それでも地球は動いている」

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ガリレオ裁判
著作者等 田中 一郎
書名ヨミ ガリレオ サイバン : ヨンヒャクネンゴ ノ シンジツ
書名別名 400年後の真実

Garireo saiban
シリーズ名 岩波新書 新赤版 1569
出版元 岩波書店
刊行年月 2015.10
ページ数 220,4p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-00-431569-8
NCID BB19756386
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22664401
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想