瀬戸内の海賊

山内譲 著

群雄割拠の戦国時代、ルイス・フロイスが「日本最大の海賊」と呼び、信長、秀吉を翻弄した「村上海賊」能島村上家とその当主、村上武吉。周囲約八百メートル、激しい潮流に浮かぶ小島を根城に、瀬戸内を縦横無尽に駆け、支配した彼らは、いかに生き、戦ったのか?「海賊研究」の第一人者が、膨大な古文書と最新の調査から海の武将たちの実像を浮かび上がらせる。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 海賊の世界
  • 第2章 能島村上家の成立
  • 第3章 船いくさの日々
  • 第4章 信長・秀吉との戦い
  • 第5章 海上交通とのかかわり
  • 第6章 海賊禁止令

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 瀬戸内の海賊
著作者等 山内 譲
書名ヨミ セトウチ ノ カイゾク : ムラカミ タケヨシ ノ タタカイ
書名別名 村上武吉の戦い
シリーズ名 新潮選書
出版元 新潮社
刊行年月 2015.10
版表示 増補改訂版
ページ数 305,8p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-10-603777-1
NCID BB19751520
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22642020
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想