灯台の光はなぜ遠くまで届くのか

テレサ・レヴィット 著 ; 岡田好惠 訳

1800年代、海難事故が相次いでいたフランスで、暗い海を明るく照らす灯台が求められていた。小さな光を効率よく、より遠くまで届けるにはどうすればいいか-その難題に挑んだのがフレネルだった。多くの命を救い、人々を魅了し、世界中に広まったフレネルレンズとは何か。いわゆるオタクで内気だった青年が信念を貫いて築きあげた19世紀の偉大な業績に迫る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 暗く危険な海
  • 第1章 それは、一人の男の野望から始まった
  • 第2章 「灯台の光」への挑戦
  • 第3章 より確かな輝きを求めて
  • 第4章 引き継がれた遺志
  • 第5章 遅れをとった大国、アメリカ
  • 第6章 南北戦争と灯台
  • 第7章 黄金時代の到来

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 灯台の光はなぜ遠くまで届くのか
著作者等 Levitt, Theresa
岡田 好恵
レヴィット テレサ
書名ヨミ トウダイ ノ ヒカリ ワ ナゼ トオク マデ トドク ノカ : ジダイ オ カエタ フレネル レンズ ノ キセキ
書名別名 A SHORT,BRIGHT FLASH

時代を変えたフレネルレンズの軌跡

Todai no hikari wa naze toku made todoku noka
シリーズ名 ブルーバックス B-1939
出版元 講談社
刊行年月 2015.10
ページ数 299p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-06-257939-1
NCID BB19750426
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22654322
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想