フルトヴェングラー研究

セバスチャン・クラーネルト 編 ; 野口剛夫 訳

本書は1997年ドイツのイエナ大学で行われた「第1回フルトヴェングラー・ターゲ」の講演録の全訳である。フルトヴェングラーをたんに指揮者としてだけではなく、作曲家、思想家としての面にも光を当てようとするこの学会は、エリーザベト・フルトヴェングラー夫人らフルトヴェングラー・ファミリーも列席し、戦後のフルトヴェングラー研究において画期的な業績を残すものだった。ヨアヒム・マッツナー、ヴェルナー・テーリヒェン、アレクサンダー・アルブレヒトら、重要な関係者や研究者による証言と提言は全て初出のものばかりで、我が国の研究者・音楽愛好家にも必読である。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • フルトヴェングラーとテンポ
  • フルトヴェングラーに見る、演奏の魅力と誠実
  • ヴィルヘルム・フルトヴェングラーとイギリス
  • フルトヴェングラーの作曲家としての自己理解
  • 作曲家としてのヴィルヘルム・フルトヴェングラー芸術家のエトス
  • 世紀末の一人の指揮者が見たヴィルヘルム・フルトヴェングラー
  • ヴィルヘルム・フルトヴェングラーと彼の手記(1924‐1954)の意義
  • プフィッツナーとフルトヴェングラー
  • シンポジウムでの討論
  • ヴィルヘルム・フルトヴェングラーとエルネスト・アンセルメ二人の意見の一致について

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 フルトヴェングラー研究
著作者等 Krahnert, Sebastian
野口 剛夫
クラーネルト セバスチャン
書名ヨミ フルトヴェングラー ケンキュウ
書名別名 Furtwängler-Studien 1
出版元 音と言葉社 : アルファベータブックス
刊行年月 2015.8
ページ数 154p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-86598-701-0
NCID BB19736764
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22622235
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 ドイツ語
出版国 日本

掲載作品

著作名 著作者名
シンポジウムでの討論 ヨアヒム・マッツナー ほか
フルトヴェングラーとテンポ ヨアヒム・マッツナー
フルトヴェングラーに見る、演奏の魅力と誠実 ヴェルナー・テーリヒェン
フルトヴェングラーの作曲家としての自己理解 ギュンター・ビルクナー
プフィッツナーとフルトヴェングラー ウルリヒ・ムツ
ヴィルヘルム・フルトヴェングラーとイギリス ロジャー・アレン
ヴィルヘルム・フルトヴェングラーと彼の手記〈1924-1954〉の意義 ジャン=ジャック・ラパン
世紀末の一人の指揮者が見たヴィルヘルム・フルトヴェングラー ジョージ・アレクサンダー・アルブレヒト, セバスチャン・クラーネルト
作曲家としてのヴィルヘルム・フルトヴェングラー芸術家のエトス ブルーノ・ドゥディエール
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想