墓制の展開にみる弥生社会

会下和宏 著

日本各地の弥生墳墓を集成し、その地域的特色と時期的変遷を抽出。中国大陸と朝鮮半島の墳墓も概観しながら、東アジア世界における弥生墳墓の特質を検証し、その社会的、政治的意義を明らかにする。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 墳墓からみた弥生社会の研究史(戦前の研究
  • 戦後から1960年代の研究 ほか)
  • 第2章 墓域・区画・墓壙の様相(墓域構成の変化、区画墓の展開
  • 近畿中部における方形周溝墓の配置形態 ほか)
  • 第3章 副葬行為の地域性と変遷(西日本の様相
  • 東日本の様相-中部から関東を中心に ほか)
  • 第4章 東アジアからみた弥生墳墓(二里頭文化期・二里岡文化期における墓の様相
  • 前漢皇帝陵と諸侯王墓の墳丘・墓壙 ほか)
  • 終章 弥生墳墓の意義(弥生墳墓の変遷と特色
  • 死への対応や社会統合の手段としての弥生墳墓儀礼 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 墓制の展開にみる弥生社会
著作者等 会下 和宏
書名ヨミ ボセイ ノ テンカイ ニ ミル ヤヨイ シャカイ
出版元 同成社
刊行年月 2015.11
ページ数 275p
大きさ 27cm
ISBN 978-4-88621-708-0
NCID BB19722668
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22656853
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想