日本のTPP交渉参加の真実

作山巧 著

国論を二分したTPP交渉への参加が実現した。しかし関心は交渉の進捗やその帰趨に移り、交渉参加に至った過程の検証は全く為されていない。交渉参加は農産品の関税維持に腐心してきた政府にとり大きな方針転換であった。何故に政策大転換が為されたのか。TPP参加協議にも従事した元農水省国際交渉官の著者が歴代7内閣の政策要因・背景を実証的に解明する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 課題と接近方法
  • 第2章 TPPの起源(1998年〜2006年)
  • 第3章 日本のEPAへの着手と進展(1999年〜2006年)
  • 第4章 第一次安倍政権(2006年9月〜2007年9月)
  • 第5章 福田政権(2007年9月〜2008年9月)
  • 第6章 麻生政権(2008年9月〜2009年9月)
  • 第7章 鳩山政権(2009年9月〜2010年6月)
  • 第8章 菅政権(2010年6月〜2011年9月)
  • 第9章 野田政権(2011年9月〜2012年12月)
  • 第10章 第二次安倍政権(2012年12月〜2013年7月)
  • 第11章 結論

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 日本のTPP交渉参加の真実
著作者等 作山 巧
書名ヨミ ニホン ノ ティーピーピー コウショウ サンカ ノ シンジツ : ソノ セイサク カテイ ノ カイメイ
書名別名 その政策過程の解明

Nihon no tipipi kosho sanka no shinjitsu
シリーズ名 明治大学社会科学研究所叢書
出版元 文眞堂
刊行年月 2015.10
ページ数 245p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-8309-4874-9
NCID BB19718376
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22655408
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想