技術の道徳化

ピーター=ポール・フェルベーク [著] ; 鈴木俊洋 訳

倫理を技術に対峙させることをやめて、我々は、技術との相互作用のなかで自分達の生を形成していくための語彙や実践を作り出さねばならない。倫理においては、人間と技術の双方が本質的な役割を果たしている。技術の使用者である人間の道徳から、人間と機械の相互作用の中にある道徳へ。フーコー、ラトゥール、スローターダイクなどを駆使して、ポスト現象学の立場から、技術倫理と科学技術社会論(STS)を刷新する新しい"技術哲学"の誕生。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 媒介された道徳
  • 第2章 ヒューマニズム的でない技術倫理
  • 第3章 人工物は道徳性を持つか
  • 第4章 技術と道徳的主体
  • 第5章 設計における道徳
  • 第6章 道徳的環境-具体的応用事例
  • 第7章 媒介を超えた道徳
  • 第8章 結論-技術に同行する

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 技術の道徳化
著作者等 Verbeek, Peter-Paul
鈴木 俊洋
Verbeek Peter‐Paul
フェルベーク ピーター=ポール
書名ヨミ ギジュツ ノ ドウトクカ : ジブツ ノ ドウトクセイ オ リカイ シ セッケイ スル
書名別名 MORALIZING TECHNOLOGY

事物の道徳性を理解し設計する
シリーズ名 叢書・ウニベルシタス 1033
出版元 法政大学出版局
刊行年月 2015.10
ページ数 288,20p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-588-01033-0
NCID BB19717985
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22753603
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想