人物でつづる戦後社会教育

千野陽一 監修 ; 「月刊社会教育」編集委員会 編

[目次]

  • 1章 研究者フロンティア(宮原誠一-研究室の扉は村の農道にそのまま通じていた
  • 三井為友-婦人学級は婦人の解放のために
  • 吉田昇-社会教育推進全国協議会育ての親 ほか)
  • 2章 市民フロンティア(小林文成-高齢者教育、老人クラブ、老年学の先駆者
  • 須藤克三-あのころの社会教育 須藤克三・私の思い
  • 真壁仁-百姓真志を貫いた生 ほか)
  • 3章 職員フロンティア(寺中作雄-公民館の創設と社会教育法の制定
  • 塩ハマ子-戦後婦人教育のフロンティア
  • 田岡鎮男-公民館主事の専門性を追求し続けた孤高の精神 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 人物でつづる戦後社会教育
著作者等 「月刊社会教育」編集委員会
千野 陽一
国土社
書名ヨミ ジンブツ デ ツズル センゴ シャカイ キョウイク
書名別名 Jinbutsu de tsuzuru sengo shakai kyoiku
出版元 国土社
刊行年月 2015.8
ページ数 246p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-337-50628-2
NCID BB19687975
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22641623
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

著作名 著作者名
三井為友 婦人学級は婦人の解放のために 伊藤めぐみ, 大串隆吉
中村文子 沖縄・平和の母・沖縄戦1フィート運動の会元事務局長 真栄里泰山
伊藤寿朗 市民主体の地域博物館を構想した在野の博物館学研究者 君塚仁彦
内田典子 社会教育人生を駆けぬけて ウイメンズビュー
加藤有孝 社会教育実践に命をかけ生きる力を、生きる形にした職員 伊東静一
友松賢 久美浜町の地域づくり運動と自治公民館方式 大前哲彦
吉田昇 社会教育推進全国協議会育ての親 千野 陽一
城丸章夫 徹底した民主主義教育運動の「理論と実践」の統一めざして 森川貞夫
塩ハマ子 戦後婦人教育のフロンティア 上村千賀子
室俊司 老若男女の自立と共生を追求した教育学者 山嵜雅子
宮原誠一 研究室の扉は村の農道にそのまま通じていた 島田修一
宮川淳一 北の大地で農民の学習に取り組んだ社会教育の先駆者 鎌谷俊夫
寺中作雄 公民館の創設と社会教育法の制定 上田幸夫
小川利夫 福祉は教育の母胎であり、教育は福祉の結晶である 姉崎洋一
小林文成 高齢者教育、老人クラブ、老年学の先駆者 三浦嘉久
横山宏 戦後社会教育に独自の水路を拓く 小林文人
津高正文 津高先生と私たち 井上英之
浪江虔 戦時中からの民主的社会教育開拓者 藤田秀雄
田岡鎮男 公民館主事の専門性を追求し続けた孤高の精神 岡幸江
田村達夫 初心を忘れず、地域に根ざした活動の実践 小林宏行
田辺信一 地域と生活学習の復権 山﨑功
真壁仁 百姓真志を貫いた生 齋藤たきち
石川武男 農民解放と大学解放の架け橋としての生涯 新妻二男
石間資生 社会教育の真髄を求めて 池上洋通
碓井正久 「社会教育の教育学」探究の道程 佐藤一子
福尾武彦 民主的社会教育運動の全国的組織化と創造に貢献 長澤成次
竹内隆 青年団運動から社会教育・公民館へ 新井孝男
笹島保 地域的教育思想による社会教育実践 大坪正一
美土路達雄 地域住民の生活と学習に深く根ざす研究と実践 木村純
西村文夫 "人権としての社会教育"を実践した医師 荒井文昭
谷貝忍 根腐れぬ実践家 遠藤俊夫
那須野隆一 青年に未来を託して 中川晴夫
野呂隆 社会教育の「風雲児」として生きる 片野親義
鈴木満智子 「イモこじ」青年教育実践家・鈴木満智子 新海英行, 樋口正
須藤克三 あのころの社会教育 佐藤藤三郎
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想