株式会社のガバナンスと会社法

畠田公明 著

基本判例について「概要」と「判旨」を紹介し、具体的な事案で制度がどのような意味をもつのかを明らかにする。平成26年会社法改正で大きく変貌を遂げたコーポレート・ガバナンスについての規律に重点をおいているが、「資金調達」「会計」「組織再編と企業買収」等にも言及し、会社法全体も俯瞰できるよう配慮し、構成されている。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • コーポレート・ガバナンスとは何か
  • 株式会社の機関構造と機械設計
  • 株主・株主総会
  • 取締役
  • 取締役会
  • 取締役会設置会社の代表取締役等
  • 取締役と会社との関係
  • 会計参与
  • 監査役
  • 会計監査人
  • 指名委員会等設置会社・監査等委員会設置会社の経営管理機構
  • 検査役と調査者
  • 役員等の責任
  • 役員等の第三者に対する責任と刑事責任等
  • 差止請求権等と株主代表訴訟
  • 株式会社の資金調達
  • 株式会社の会計
  • 株式会社の設立・変動・終了
  • 組織再編の企業買収

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 株式会社のガバナンスと会社法
著作者等 畠田 公明
書名ヨミ カブシキ ガイシャ ノ ガバナンス ト カイシャホウ
書名別名 Corporate Governance and Corporation Law

Kabushiki gaisha no gabanansu to kaishaho
シリーズ名 会社法 (2005)
出版元 中央経済社
刊行年月 2015.10
ページ数 349p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-502-15781-3
NCID BB19672038
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22647326
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想