微積分入門

W.W.ソーヤー 著 ; 小松勇作 訳

微積分は高校数学のクライマックス。マスターすれば数学の世界はぐんと広がるけれど、ここでつまずいてしまう人も少なくない。それは「平均変化率」とは「極限値」とか、馴染みのない概念がいきなり登場するからだ。本書で著者ソーヤーが強調するのは、微積分の考え方はもともと単純な疑問から自然に生じたということ、そして計算や公式の意味をきちんと理解するのが大事だということ。そのような心がけでのぞめば、limや∫などの記号を使わなくても微積分のココロは十分にわかるはず。こまやかな教育的配慮の行き届いた、定評ある入門書。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 微積分法を学ぶには何を知らねばならないか
  • 第2章 速さの研究
  • 第3章 速さの変わる最も簡単な場合
  • 第4章 高いベキの場合
  • 第5章 結果を拡張すること
  • 第6章 微分法とグラフ
  • 第7章 加速度と曲率
  • 第8章 逆の問題
  • 第9章 円と球、正方形と立方体
  • 第10章 直観と論理

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 微積分入門
著作者等 Sawyer, W. W.
Sawyer, Walter Warwick
小松 勇作
ソーヤー W.W.
書名ヨミ ビセキブン ニュウモン
書名別名 WHAT IS CALCULUS ABOUT?

Bisekibun nyumon
シリーズ名 Math & Science ソ6-1
ちくま学芸文庫 ソ6-1
出版元 筑摩書房
刊行年月 2015.10
ページ数 209p
大きさ 15cm
ISBN 978-4-480-09698-2
NCID BB19667082
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22646723
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想