帝国主義期イギリス海軍の経済史的分析1885~1917年

藤田哲雄 著

列強の海軍増強と潜水艦の登場による戦略の変化は、第一次世界大戦期イギリスの軍事・外交・食糧政策にいかなる影響を与えたのか。戦争計画は平時に研究・構想されていた。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 19世紀末農業不況と第一次世界大戦前のイギリス海軍予算-戦時における食糧供給をめぐる「集団的記憶」(19世紀末農業不況とイギリスの食糧供給
  • 食糧供給問題と海軍増強要求
  • 海軍増強と国家財政)
  • 第2章 設計技師ホワイトとイギリス海軍増強(1885〜1902年)-海軍工廠経営と海軍予算の動向(海軍設計技師ホワイトの登場とその背景
  • 海軍増強計画と造艦局長ホワイトの起用)
  • 第3章 世紀転換期におけるイギリス海軍予算と国家財政-1888/89年予算〜1909/10年予算(対フランス戦争(1793〜1815年)後のイギリス国家財政運営
  • 海軍予算の構造と動向-1888/89年予算〜1909/10年予算
  • イギリス海軍の増強計画と財源確保策)
  • 終章 1909年ロンドン宣言とイギリス海軍・イギリス外交(1909〜1917年)-戦時における食糧供給(1856年パリ宣言の承認-海事革命
  • 1909年ロンドン宣言とイギリス海軍の戦略
  • 第一次世界大戦直前のイギリス農業と食料供給
  • 第一次世界大戦中の食糧供給:海軍と農業)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 帝国主義期イギリス海軍の経済史的分析1885~1917年
著作者等 藤田 哲雄
書名ヨミ テイコク シュギキ イギリス カイグン ノ ケイザイシテキ ブンセキ センハッピャクハチジュウゴ センキュウヒャクジュウナナネン : コッカ ザイセイ ト グンジ ガイコウ センリャク
書名別名 国家財政と軍事・外交戦略
シリーズ名 広島修道大学学術選書 第62号
出版元 日本経済評論社
刊行年月 2015.9
ページ数 328p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-8188-2344-0
NCID BB19633546
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22646084
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想