同時通訳の理論

水野的 著

[目次]

  • 序章 同時通訳の基本問題構成
  • 第2章 同時通訳の理論モデル:プロセスモデルを中心に(David Gerverの情報処理モデル
  • Barbara Moserの情報処理モデル ほか)
  • 第3章 同時通訳と作動記憶の理論(はじめに:理論的考察の必要性
  • 研究の背景 ほか)
  • 第4章 同時通訳コーパス分析(理論的前提
  • 仮説 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 同時通訳の理論
著作者等 水野 的
書名ヨミ ドウジ ツウヤク ノ リロン : ニンチテキ セイヤク ト ヤクシュツ ホウリャク
書名別名 認知的制約と訳出方略
出版元 朝日出版社
刊行年月 2015.9
ページ数 286p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-255-00871-4
NCID BB19612320
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22643300
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想