絶望から希望を導くために

ヴィクトール・E・フランクル 著 ; 広岡義之 訳

それでも人生を肯定するために。ホロコーストからの生還という過酷な体験から、フロイト、アドラーを凌駕する心理療法ロゴセラピーを生み出したフランクルが魂の真の癒しとは何かを語る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序論 心理療法の現在とロゴセラピー
  • 第1部 ロゴセラピーの思想(心理療法の臨床的影響
  • 自己超越性について
  • 意味の意味とは)
  • 第2部 ロゴセラピーの実践(実存的空虚感
  • ロゴセラピーの技法
  • 医療による精神的援助)
  • 結論 意味の重要性

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 絶望から希望を導くために
著作者等 Frankl, Viktor Emil
広岡 義之
フランクル ヴィクトール・エミール
書名ヨミ ゼツボウ カラ キボウ オ ミチビク タメ ニ : ロゴセラピー ノ シソウ ト ジッセン
書名別名 THE WILL TO MEANING

ロゴセラピーの思想と実践

Zetsubo kara kibo o michibiku tame ni
出版元 青土社
刊行年月 2015.9
ページ数 285p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-7917-6883-7
NCID BB19608108
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22647245
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想