日本経済思想史

川口浩, 石井寿美世, ベティーナ・グラムリヒ=オカ, 劉群芸 著

日本に経済学はなかったが経済思想は存在した。一七世紀の初めから二〇世紀中葉に至る三世紀半における日本の経済思想とその歴史を通観。学部学生・一般社会人向けの本邦初のテキスト。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部(経済思想史とは
  • 身分制社会の成立
  • 泰平の世の武士
  • 脱市場の経世済民論
  • 将軍権力による脱市場 ほか)
  • 第2部(欧米における日本経済思想史研究
  • 東アジアにおける日本経済思想史研究)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 日本経済思想史
著作者等 Gramlich-Oka, Bettina
劉 群芸
川口 浩
石井 寿美世
Gramlich‐Oka Bettina
グラムリヒ=オカ ベティーナ
書名ヨミ ニホン ケイザイ シソウシ : エド カラ ショウワ
書名別名 江戸から昭和

Nihon keizai shisoshi
出版元 勁草書房
刊行年月 2015.9
ページ数 328,5p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-326-50413-8
NCID BB19603997
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22624774
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想