人体600万年史  上

ダニエル・E・リーバーマン 著 ; 塩原通緒 訳

非力なヒトはなぜ厳しい自然選択を生き残れたのか。走る能力の意外な重要性とは何か。脂肪が健康を害するなら、なぜヒトの体は脂肪が溜まりやすくできているのか。2型糖尿病など、現代人特有の病はそもそもどうして現れたのか…人類進化の歴史をさかのぼることは、不可解な病がどこから来たのかを教え、ヒトの未来を占うことにもつながる。「裸足で走ることへの回帰」を唱えて名を馳せた進化生物学者リーバーマンが満を持して世に問う、人類進化史の決定版。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序論-人間は何に適応しているのか
  • 第1部 サルとヒト(直立する類人猿-私たちはいかにして二足歩行者となったか
  • 食事しだい-アウストラロピテクスはいかにして私たちを果実離れさせたか
  • 最初の狩猟採集民-現生人類に近いホモ属の身体はいかにして進化したか
  • 氷河期のエネルギー-私たちはいかにして大きな脳と、ゆっくり成長する大きな太った身体を進化させたか
  • きわめて文化的な種-現生人類はいかにして脳と筋肉の組み合わせで世界中に棲みついたか)
  • 第2部 農業と産業革命(進歩とミスマッチとディスエボリューション-旧石器時代の身体のままで旧石器時代後の世界に生きていると‐良きにつけ悪しきにつけ‐どうなるか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 人体600万年史
著作者等 Lieberman, Daniel
Lieberman, Daniel E.
塩原 通緒
リーバーマン ダニエル・E.
書名ヨミ ジンタイ ロッピャクマンネンシ : カガク ガ アカス シンカ ケンコウ シッペイ
書名別名 THE STORY OF THE HUMAN BODY

科学が明かす進化・健康・疾病

Jintai roppyakumannenshi
巻冊次
出版元 早川書房
刊行年月 2015.9
ページ数 332p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-15-209565-7
NCID BB19601222
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22646743
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想