徳倫理学

ダニエル・C・ラッセル 編 ; 立花幸司 監訳 ; 相澤康隆, 稲村一隆, 佐良土茂樹 訳

生の目的を見定め、「徳」を希求する人類最古の倫理学=徳倫理学。功利主義や義務論と違い、個々の行為より生全体を問う視点が示すものは何か。古代ギリシアや西洋中世、中国の儒教から、アンスコムやフットといった近現代の展開まで丁寧に追い、その考え方を懇切に解説、また環境・医療・ビジネス・政治など応用倫理の場面をも網羅した最良の入門書。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 現代道徳哲学における徳倫理学
  • 徳倫理学・幸福・善き生
  • 古代の徳倫理学-思慮に焦点を当てた概観
  • 徳倫理学と中国の儒教の伝統
  • 中世の徳倫理学
  • ヒュームによる徳の解剖
  • 徳倫理学の衰退の歴史
  • 二十世紀の徳倫理学
  • 徳倫理学と正しい行為
  • 徳倫理学と生命倫理学
  • 環境徳倫理学
  • ビジネス倫理に対する徳倫理学的アプローチ
  • 徳と政治
  • 徳倫理学に対する状況主義者からの批判
  • 徳倫理学の定義

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 徳倫理学
著作者等 Russell, Daniel C
佐良土 茂樹
相澤 康隆
稲村 一隆
立花 幸司
ラッセル ダニエル・C.
書名ヨミ トクリンリガク : ケンブリッジ コンパニオン
書名別名 The Cambridge Companion to Virtue Ethics

ケンブリッジ・コンパニオン
出版元 春秋社
刊行年月 2015.9
ページ数 521,29p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-393-32353-3
NCID BB19584010
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22647877
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本

掲載作品

著作名 著作者名
ヒュームによる徳の解剖 ポール・ラッセル, 佐良土 茂樹
ビジネス倫理に対する徳倫理学的アプローチ エドウィン・ハートマン, 稲村 一隆, 佐良土 茂樹
中世の徳倫理学 Gene Stratton, Porter, 佐良土 茂樹
二十世紀の徳倫理学 ティモシー・チャペル, 立花 幸司
古代の徳倫理学 ラチナ・カムテカー, 稲村 一隆
徳と政治 マーク・ルバー, 稲村 一隆
徳倫理学と中国の儒教の伝統 フィリップ・J・アイヴァンホー, 相澤 康隆
徳倫理学と正しい行為 リーゼル・ファン・セイル, 相澤 康隆
徳倫理学と生命倫理学 ジャスティン・オークリー, 相澤 康隆
徳倫理学に対する状況主義者からの批判 ゴパル・スリーニヴァサン, 立花 幸司
徳倫理学の定義 クリスティーン・スワントン, 稲村 一隆
徳倫理学の衰退の歴史 ドロテア・フレーデ, 立花 幸司
徳倫理学・幸福・善き生 ダニエル・C・ラッセル, 相澤 康隆
現代道徳哲学における徳倫理学 ダニエル・C・ラッセル, 立花 幸司
環境徳倫理学 デイヴィッド・シュミッツ, マット・ズウォリンスキー, 佐良土 茂樹
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想