医療従事者のための同意能力評価の進め方・考え方

SCOTT Y.H.KIM [著] ; 三村將 監修 ; 成本迅 監訳

昨今、急速な高齢化と核家族化により単独で医療機関を受診する高齢者が増え、自ずと患者の同意能力評価が必要になる機会が多くなってきた。かかりつけ医や救急担当医など一般身体科医の間でも同意能力評価についての関係が高まっている。研究参加についても、高齢者を対象とする臨床治験が増える中で、同意能力についての第三者評価の必要性が倫理委員会で指摘されるようになるなど、今後ますます同意能力評価が重要になってくると考えられる。このような状況の中で、先行して制度や評価法が確立されている海外の知見がコンパクトにまとめられた本書は、これから自分自身で同意能力評価を実践しようとする臨床家、さらには非専門医やコメディカルスタッフに同意能力評価法を教育する立場にある専門家にとって、最適なガイドである。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • FOUNDATION基礎編(法的文脈
  • 法律における精神保健に関する概念
  • 実証的基盤と限界)
  • APPLICATION応用編(評価の準備段階
  • データ収集:患者への面接
  • 解釈
  • アセスメント後
  • 研究参加への同意能力)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 医療従事者のための同意能力評価の進め方・考え方
著作者等 Kim, Scott Y. H
三村 將
成本 迅
書名ヨミ イリョウ ジュウジシャ ノ タメ ノ ドウイ ノウリョク ヒョウカ ノ ススメカタ カンガエカタ
書名別名 Evaluation of Capacity to Consent to Treatment and Research

Iryo jujisha no tame no doi noryoku hyoka no susumekata kangaekata
出版元 新興医学出版社
刊行年月 2015.9
ページ数 179p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-88002-856-9
NCID BB19581748
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22646380
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想